佐賀県支部長 山田 学

1975年   12月22日誕生。

佐賀市内の中学校を卒業後、単身北九州へ。

北九州で現在の仕事でもある鉄筋工事の会社へ入社。

その後、19歳にして鉄筋工事の会社を設立。

それが今経営している『山田興業』である。
中卒というマイナスを吹き飛ばす為に大検、鉄筋国家技能士
クレーン、大型特殊などの免許を30種近く取得している。

その後、結婚、息子が出来た事で

『息子を強くしたい!』『息子に空手をさせたい!』

という思いで新極真会の道場の扉をたたく。
口でいうだけではなく一緒に学び
背中を見せなくてはと、共に稽古に励む。

そんな中、第29回オープントーナメント全九州空手道選手権大会
にて、圏彗會代表の吉田  剛と拳を交え、吉田  剛に一目惚れ。

沢山の言葉、心を交わし新極真会を親子で退会し
圏彗會に移籍する事となった。


すべての道場生、保護者にも常に熱くありたい
という思いが信念である。

「努力は裏切らない!」
佐賀県支部の合い言葉である。